当法人は障害児・者のすこやかな発達の支援を目的として、

 その目的に資するため、次の事業を行う。

 

                                      〇障害児・者の支援に携わる人材育成とセミナー 

                                      〇障害児・者向け教材(書籍・教育玩具・ビデオ・DVD等)の研究開発と販売 

                                      〇障害児・者団体・施設・各種サークル学習会への講師派遣   

                                      〇第三者評価機関(児童福祉法に基づく施設・障害福祉サービス)


最新情報


     ZOOMセミナー

 

         ~ことば音楽療法~

 

    日程:令和4年3月~5月

   

  講師:ことば音楽療法士 インストラクター

 

    料金:5,000円(消費税込)

 

  リモートに必要なもの

   ・パソコン・スマホ・Ipad 何れか

   *カメラやマイクが内臓もしくは外付け


ダウンロード
ことば音楽療法セミナー申込書
ZOOM(裏).jpg
JPEGファイル 2.1 MB


                 第8回 日本ことば療法学会  ~大阪~


     日時:2021年6月26・27日(土曜日・日曜日)  場所:大阪府立大学 I Siteなんば

         無事終了することが出来ました。ご参加の方、運営に協力して頂いた方、有難うございました。


令和4年は福岡にて6月末ごろに開催致します。


日本ことば療法学会


 コロナ禍で大阪にもまん延防止の発令が出ていましたが、感染防止に努め、密にならないように会場と生配信(ZOOM)の両輪で開催しました。1日目はことば療法士の講習会、2日目は学会です。2日間で105名(6割がリモート)の参加でした。コロナ禍でもあり、ここ1年で急速に通信技術や会議用ソフトの質が向上したことで、リモートを導入することが出来ました。

学会の基調講演では米山直樹氏が~言語・コミュニケーション訓練を中心に~と題し学会に沿った講演をして頂きました。深谷靖子先生は出版本~実践!障がい児・者へのことば音楽療法~その後と題して講習をして頂きました。シンポジウムは、ことばの療法~地域との繋がり~の題目で4名のシンポジスト(後藤浩子氏・高橋亮太郎氏・小林紳一氏・増田左知子氏)により、地域に繋がるヒントを多く語って頂きました。第2回 堀田喜久男 賞(宍戸理恵)や第1回ことば療育基金の受賞発表もありました(受賞者:小林紳一・深谷靖子 内容は6ページに掲載)。最後に中島真治先生・末吉裕美先生による2つの研究発表がありました。受講されている方は、どの時間帯も接している子どもさんのことを浮かべているのか、頷く方も多く、真剣に取り組んでみえました。その後、総会を行い、2年ぶりの学会は無事閉会しました。参加いただいた方、ご協力頂いた方々、ありがとうございました。



2012年からの会報誌が閲覧できます(年2回発行)

Facebook やってます!

 メッセージお待ちしております

            情報発信中



一般社団法人 発達支援協会

〒452-0821 愛知県名古屋市西区上小田井2丁目98番地

TEL 052-505-5255    FAX 052-505-5255

email: takada@aroma-nagoya.com